« トンガ 対 イングランド 20-36(10-19) プール A | トップページ | アルゼンチン 対 アイルランド 30-15(18-10) プール D »

2007年9月30日 (日)

ウェールズ 対 フィジー 10-25(34-38) プール B

 フィジーが今大会初めて本気を出したゲーム。結果は開幕戦に続く二回目のアップセットとなった。双方のディフェンスの「緩さ」をマイナスと取る人もいるだろうが、それは両チームの持ち味を敢えて前面に出したということで、批判的になる必要はない。他の点で十分に楽しめるゲームだった。ウェールズを応援する人間としては「もう一度だけチャンスを!」といいたいところだが、もう無理して取り繕うことは不可能になった。フィジーのプレーぶりは真に称賛に値する。その調子で南アフリカも倒して欲しいと思う。
 それにしても今日のフィジーだったら、ジャパンは絶対勝てないだろう。主将でもある SH のラウルニや SO リトルはつねに安定しているとしても、CTB ランベニや、とりわけ WTB デラサウは昨日まで眠っていたのかと思わせる別人のような働きだった。スクラムはやや劣勢だったけれども、モールは一歩も引かず、逆に押す場面さえあった。そう、「リーサル・ウェポン」のようなキー・プレーヤーの覚醒が真の組織プレーを促したことと並んで、セットプレーでの FW の頑張りが勝因のひとつだったといってよい(ブレークダウンでの仕事ぶりはいうに及ばず)

 開幕戦のフランスがそうであったように、ウェールズには、どこかフィジーを舐めているといえばよいか、「いざとなればいつだってトライは取れる」という考えが頭にあったと思う。事実、前半の後半から後半の前半にかけてのパスプレーによるトライ連取は見事な、実にウェールズらしい、フィジーでさえ対応しきれない圧倒的なものだった。だが、このゲームに関しては、もうひとつ「いざとなれば」として想定されていただろうスクラムでの優位が得られなかった。前半のまだ眠っている段階で三トライ連取され、仕切り直しの意味でウェールズは、フィジー・ゴール前のペナルティでゴールではなくスクラムを選択する。最終的にトライとなったものの、フィジー FW は予想以上にもちこたえた。ウェールズとしては、無駄に時間を使ってしまったし、何よりゲームプランが崩れたのが大きかった。というよりそのプラン自体が結局誤りだったのかもしれない。
 フィジーに対して徹底的な FW 戦を挑むことで勝利を得たのが例えば 1999 年のフランスである(プール戦)。ウェールズ FW はそこまで強くないし、また自分たちのスタイルへのこだわりもあるのだと思う。この辺りの中途半端さが、HC ガレス・ジェンキンスの駄目なところなのだが、次のコーチはこの葛藤を、混乱のまま放置するのでなく、真の意味におけるスタイルへと昇華させて欲しいと思う。ともあれ、フィジー・スクラムの健闘によってレッドドラゴンズとしては、展開にしか活路を見出すことができなくなったということだ。
 二本のコンバージョンの失敗はちょうど得点差と同じだが、もちろん敗因は、前半のペナルティで PG を狙わなかったことである。

 フィジーのディフェンスが素晴らしかった。いわゆるタックル率などスタッツはこの際どうでもよい。全体の印象としては、五トライ奪われたにもかかわらず、フィジーが守りきったゲームである。ターンオーバーの多さもさることながら、とにかくフィットネスが落ちず、ブレークダウンへの組織的働きかけが最後まで行われた点にそのことはよく現れている。そして、今大会初めて炸裂したいわゆるフィジアン・マジックによるパスのつなぎもよかった。「オフロード」パスも多数成功した。この種の連続プレーはシックスネーションズにはないものであり、ウェールズが後手後手に回ったのも無理はない。
 レッドドラゴンズに関していうと、前にも書いたことだが、フックがセンターでは活きないということが改めてはっきりした。それが明らかになるには、ジャパンでは力不足だったということだろう。ウェールズの展開プレーの肝は、SO(ないし SH)からのパスの勢いを殺すことなく活かし続けるという点にある。パスを受けたプレーヤーは絶対に抜けるというのでないかぎり、無理に突っ込まずパスするか、余裕をもってラックを作るという約束事があるのだと思う(見ている限りではそう思えるということです)。そうしたなかでフックだけが、無闇に突っ込んでプレーを遅滞させる、あるいはボールを奪われるという失策を繰りかえしていたのがこの試合の前半。後半に入って彼が素直につなぎに徹するようになるとウェールズのラインは見違えるように動き、トライが生まれた。フックをチームに完全にフィットさせること、そして FW の強化が今後の鍵となるだろう。日本戦でトライをあげたが今日も豊富な運動量で攻守に貢献した LO のアルン・ウィン・ジョーンズ、そしてマイケル・オーウェンを軸にしてはどうかと、素人の思いつきだが記しておきたい。

 八日後の対南アフリカ戦はどのようになるのだろうか。フィジーが今日と同じくらいの出来であれば、心臓に悪いゲームとなるかもしれない。だがわたくしはまず明日のアルゼンチン対アイルランドで胸が締め付けられるだろう。

|

« トンガ 対 イングランド 20-36(10-19) プール A | トップページ | アルゼンチン 対 アイルランド 30-15(18-10) プール D »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェールズ 対 フィジー 10-25(34-38) プール B:

« トンガ 対 イングランド 20-36(10-19) プール A | トップページ | アルゼンチン 対 アイルランド 30-15(18-10) プール D »