« フィジー 対 オーストラリア 12-55(5-22) プール B | トップページ | ミア・ハンセン=ラヴ監督『すべては赦される』 »

2007年9月26日 (水)

日本 対 カナダ 12-12(5-0) プール B

 それなりに興奮し、まだ余韻も残っているので、なかなか冷静には書けないが、勝ってもよかったマッチではあった。ゲーム運びとしては、前半にあと 3 点でも追加しておけば、もう少し楽になっただろう。前半の早い段階でトライをとることができたために、必要なしと考えられたのだろうか。だが、そう簡単ではないとわかってきた時点で戦略を切り替えることもできたはずだ。あるいは、最初のプレースキックを外したことで、大西が当たっていないと判断されたのかもしれない。しかし、最後のコンバージョンは、彼の顔を見て「これは入るな」と思わせるくらいの気合が伝わってきた。
(主審の J・カプラン氏は今日はミス(反則などの見逃し)や不可解な判定が多かったように思う。カナダ人の間では「勝利を奪われた」との非難が渦巻いているが、むろんそんなことをいうなら日本も同じだ。)

 両チームともミスが多く、ラグビーの現在が十全に反映されたとはいい難いマッチだったが、それでも最後まで興味をつなぐことができたとすればそれは、得点が最後まで競っていたから(ハラハラドキドキは見世物としてはまあ大切なことではある)、そしてジャパンが積極的に展開しようとしていたからである。カナダのラインディフェンスが詰めてこず、かなり弱かったこともあり、ライン攻撃はブレークを予感(ほんの少しだが)させるものだったので、もっと継続に挑めばよかったと思う。後半途中から出場した SH キムのプレーを見て、彼が先発だったらと感じた人も多いはずだ。サポーターとしては、簡単に動じなさそうな冷静な面構えも頼もしかったが、何より彼のパスは受け手をスピードに乗せるものだった。
 得点が競ったのは、ジャパンの攻撃力不足だけでなく、カナダのゲーム・プランのせいでもある。実際、アタックは相当まずかった。FB のM・パイクらのカウンターアタックはほとんど見られず、ゲーム・メーカーである SH の M・ウィリアムズ(好選手だった)のキック以外では、FW のピック&ゴーだけだった。ライン攻撃が止められたからなのかもしれないけれど、大外にはほとんど振ってこなかったのはジャパンにとって幸いだった。二つ目のトライとなるキックパスは見事。あれで終わっていたら、ジャパンは体力だけでなく知力もないと思われるところだった。

 ジャパンは今日も数多くのタックルをやらされることになったが、成功率も含めよくやったと思う。ゴール前でのカナダ FW の押し込みを防ぎ切るには、「ジャッカル」できる人、相手をかちあげて後退させられる人があと数名必要だろう。やはりトンプソン、マキリ、オライリー、ロビンズが目立ったとはいえ、その他のプレーヤーももちろんがんばった。「プラネット・ラグビー」の選評はマン・オブ・ザ・マッチにオライリーを選んでいたが、おそらくマキリの間違いだろう。もっとも、その二人に優劣をつけることに意味はない。有賀も今日はノックオンせず最低限の仕事はこなした。不動の FB として定着するためには、レイサムやモンゴメリー、あるいはトラーユ並みのタッチキックが蹴れるように練習しなければならない。
 アタックでは、いわゆる「エイトの突破」が結局最後まで見られなかったのは残念である。四試合を通じて箕内の衰えが強く感じられた。かつては、最後に平にパスを送ったマキリのように決定的な仕事をしていたように記憶するし、もともと特別な強さが売りではなかったとはいえ、彼がタックルされても簡単に倒れずもっと持ちこたえていれば、もう少し攻撃は楽になったと思われる。バックスのサインプレーは今大会はほとんどなかった。今日あたり、本職の SO がいればかなり有効だったろう。最後の局面、カナダ SH の反則につながるマキリのショートパントは明らかに外にいるロアマヌを飛び込ませるためのものだったが、反応できていなかった。結果オーライとはいえ、あそこでキックというのは不可解な判断だった。
 フィニッシャー(あるいはペネトレーター)として遠藤がある程度通用することがわかったのは収穫である。少なくともひとつの攻撃の型は出来たのだから。逆にロアマヌの使い方は最後まで明確でなく、チーム内での役割が最後まではっきりしなかった。
 殊勲の大西は、高校時からの期待値にようやく追いついたというところだが、彼がワールドカップを通じて目覚め成長したという点に、ジャパン強化のヒントがあると思う。考えてみれば当たり前のことだが、プロ化以降の競技の進化は相当なものなので、実戦経験なしに力をつけることは今日ほとんど不可能となっている。テストマッチは「テスト」の場ではないという真理ないし常識にもかかわらず、テストマッチ自体の機会にそもそも恵まれないジャパンにとってW杯は、要するに数少ない本当の意味での真剣勝負であると同時に強化の場でもあるという、二重の意義をもつものであることが改めて感じられた。PNC などももちろん貴重な経験であるが、しばらくの間は、ワールドカップという四年の区切りを道標として強化計画を立てるのがジャパンにとっては最善であると思う。

|

« フィジー 対 オーストラリア 12-55(5-22) プール B | トップページ | ミア・ハンセン=ラヴ監督『すべては赦される』 »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本 対 カナダ 12-12(5-0) プール B:

« フィジー 対 オーストラリア 12-55(5-22) プール B | トップページ | ミア・ハンセン=ラヴ監督『すべては赦される』 »