« 準決勝 フランス 対 イングランド | トップページ | シンポジウム (於フランス国立図書館フランソワ・ミッテラン館) »

2007年10月15日 (月)

準決勝 アルゼンチン 対 南アフリカ

アルゼンチン 対 南アフリカ 13-37(6-24) トライ数 1-4

 アルゼンチンの総括をしたかったのだが、ミスがこう多くては――それも実力のうち?――まとめるのは難しい。勝負としては、PG を狙わずクイック攻撃を選択して得点機を逸した後半の判断ミスと、そしてとりわけラインアウトの失敗が大きかった。スプリングボクスが終始余裕をもって対応していたということは否めないにしてもブレークダウンは互角、サイド攻撃(ハンドリングエラーが今日は多かったものの)もそれなりに通用していたし、スクラムは優勢でさえあっただけに惜しまれる。全体的には南アフリカを脅かすところまでは行かなかった。

 前半初めのラッシュは見応えがあった。12 番からのパスがインターセプト(デュ・プリーズ)されたプレーでは、フィールド左側に大きなスペースを作り出してからの展開だったのでゲインを期待させたが、ラインの浅さが裏目に出てしまった。パスの受け手は FW だったように思うが、つい焦って前がかりになってしまったのだろうか。それほど慌てなくともよかった。後半、試合終了間際のインターセプトはハバナに狙われていたはずだが、紙一重のところをすれ違いざまに抜こうとしたものだろうからやむをえない。プーマスの両ウィングは小柄だがスピードもあり、身体の使い方も上手いので(14 番のボルヘスは当然としても、11 番のアグラは地元のアマチュア・クラブに所属する大学生である)、今後の活躍に期待している。
 FW が優位に立てなかったときにロス・プーマスがどうするか――というようなことを考えていたが、FW と BK は結局同じ一つのフィールドで同時にプレーしているのだから、実際にはそう簡単に切り離せるものでもない。このゲームの戦略としては、FW 戦での劣勢の可能性を考慮して、ラインへの展開を織り交ぜる、あるいは展開プレーを織り交ぜることによって FW 戦の優位をできるかぎり保とうということだったのだと思う。が、今日はとにかくミスが多過ぎて判断できなかった。トライネーションズやシックスネーションズとのマッチをもっと見てみたい。

 ボクスは確かに強いが、ジャパンとはあらゆる点で対極にあるチームなので、どうも醒めた目で見てしまう。フォワード戦で拮抗し膠着状態になったとき、両チームがどう打開しようとするかに注目しようと思う。

〔付記 BBC サイトにイングランドのゲーム・スタイルについての記事があった。決勝に残ってしまったので、批判的意見も当然強くなるだろう。同記事では 95 年大会優勝チームの SO ストランスキーの意見などが紹介されている。それに対し前回のチャンピオン・チームの SH マット・ドーソンは「今回〔キッキング・ゲームで〕優勝したとして、次の四年間に限っても人々はスタイルのことなどどうでもよいと思うだろうし、もっと先の将来においてもそれは変わらないだろう。勝つことがすべてなんだから」と断じている。一方、現 HC のブライアン・アシュトンはこう述べる。「土曜の対フランス戦では、選手たちがラグビーをやりすぎている(played too much rugby)と思う時が何度かあった。たとえば後半、自陣 10 メートルライン付近に 10 分ほど釘付けになっていた時間帯がそうだ。〔…〕われわれ〔スタッフ〕はこう思った、相手陣にボールを蹴りこんで、フランスに攻めさせてみろと。〔…〕というのは、後半の後半がそうだったように、キックでボールを渡しても、フランスは大したことはできないということは明らかだったからだ〔…〕だからわれわれは、そういった〔批判的〕意見には同調しない…」。
 やはりイングランドのスタッフはラグビーの敵だ。勝ち上がったからといって、前回大会における「王者のスタイル」が復活しているわけではないのに。ウィルコがいなかったにせよ南アフリカに零封された時点でもはやイングランドは王者ではなくなっており、以降はただの挑戦者であるにすぎない。誰に対する「挑戦」かというのはとりあえず措いて、とにかくプレーヤーはゲームを通じて、つまり「過剰なまでにラグビーをやる」ことによって、自らのスタイルを模索しているのだ。その点を忘れてはいけないと思う。ちなみにローレンス・ダラーリオ――今大会では途中出場で目立った活躍もしていないため「彼はとにかくゲームセットの笛をフィールドで聞くのが好きなのだ」と揶揄する向きもある――はこういっている。「ノックアウト・ステージで対戦した二チーム〔豪、仏〕に関して驚かされたのは、彼ら以上にわれわれの方がラグビーをしていた(played more rugby)ということなんだ」。

|

« 準決勝 フランス 対 イングランド | トップページ | シンポジウム (於フランス国立図書館フランソワ・ミッテラン館) »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝 アルゼンチン 対 南アフリカ:

« 準決勝 フランス 対 イングランド | トップページ | シンポジウム (於フランス国立図書館フランソワ・ミッテラン館) »