« 「途方もない」? 準々決勝 フランス 対 ニュージーランド | トップページ | ロラン・バルト通り 1 番地 »

2007年10月 8日 (月)

準々決勝 フィジー 対 南アフリカ、アルゼンチン 対 スコットランド

フィジー 対 南アフリカ 20-37(3-13) トライ数 2-5

 南アフリカが終始ゲームをコントロールしたマッチ。双方共にボールが手につかぬ場面が多く、全般的にはやや退屈した。しかしセットプレーが強く、それでトライが取れるというのは大きな強みには違いない。バックスにも錚々たる面子を揃えているが、しゃかりきになって展開する必要もなかったというところだろう。
 それでも、後半のフィジーの反撃にはやはり興奮させられた。ボールを持つと一人一人が必ずゲインするのは日本人としては不思議で仕方ないのだが、ともかく二つ目のトライはそうした個人の強さを活かしつつもよくつないでとったもの。SH ラウルニは本当に好選手である(フィジーが勝っていたら MVP だったろう)。ウェールズ戦に続くデラサウの「待ってろよ今行くから」トライ(TF1 のアナウンサーの言い方 un attends-moi-j'arrive essai を直訳したもの。戯れに英訳すると a wait-for-me-I'm-coming try)は天性のものとしかいいようがない。かなり遠くからのキックがタッチ・イン・ゴール手前で戻ってくるかのようにバウンドするというのはさすがに練習できないだろう。楕円球は「どちらに転ぶかわからない」というので例えば人生の譬喩として用いられたりするけれども、実はワンバウンド目は弾む方向をだいたい計算できる(力の入れ加減にもよるが)。だが、その先は運を祈ることしか出来ないはずだから。
 それにしてもフィジーというチームは、モール対策を今後も放棄し続けるのだろうか?

アルゼンチン 対 スコットランド 19-13(13-6) トライ数 1-1

 スコットランドがどのような戦い方をするかで注目された二試合目は、結果的に点数の競った胸が締め付けられるようなマッチとなった。最終スコアは開幕戦のアルゼンチン対フランスとそっくりである。
 創造性という観点からするとちょっと苦しいが、スコットランドは賢いゲーム運びをした。陣地獲得で少なくとも前半は優位に立ってプーマスの PG・DG の機会を最小限に抑える。とともに FW 戦で奮闘して勢いづかせぬようにする。キックでも FW のファイトでも少しずつアルゼンチンが上回ったように思うが、ほぼ互角と見える時間帯もあった(アイルランド FW はこのレベルまで行かなかった)。またアルゼンチンと同じようにハイパントを果敢に蹴り上げ、よくチェースした。体格・強さを誇るバックスを走らせ、力ずくで突破させる場面も再三見られたし、トライに結びついた連続攻撃は見応えがあった。
 全体的にはスコットランド側の狙いが奏功し、アルゼンチン FW のラッシュはかなり抑えられたと思う。プーマス側がどちらかといえば受けに回ったのも影響しているはずだが。しかし結局、上回るというところまでは行かなかった。失トライは SO パークスのキックがチャージされたもので、確かに防御が完全に崩されたとはいえないけれど、それでもやはり押し込まれてはいたということだ。
 アルゼンチンの方は、FW で負けない限りは同じ戦い方で臨むのだろう。これしかないのか、それとも何かを隠しているのか、それが明らかになるはずの次の南アフリカ戦が非常に楽しみである。今日のような出来だとボクス FW を上回ることは難しいと思う。バックスによるパスプレー(エルナンデス、F・コンテポミ、コルレト、ボルヘス)であわや抜けるかという場面もあったが、途中でパスが乱れてしまったのが惜しかった。

 準決勝はほとんど誰も予想しなかったはずの組合せで戦われることになった。フランスは 6 ネーションズでイングランドに敗れた(このマッチは見ていない)ものの、大会直前のウォームアップ・シリーズでは快勝している。どちらが勝つのでもよいが、前回大会準決勝(フランスが FW 戦で完敗し、ウィルコのキックで大量に得点を奪われた)のようなゲームにはならぬことを祈るばかりだ。点数の予想などはできないけれども、二試合とも拮抗したものになるのではないだろうか。

|

« 「途方もない」? 準々決勝 フランス 対 ニュージーランド | トップページ | ロラン・バルト通り 1 番地 »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準々決勝 フィジー 対 南アフリカ、アルゼンチン 対 スコットランド:

« 「途方もない」? 準々決勝 フランス 対 ニュージーランド | トップページ | ロラン・バルト通り 1 番地 »