« ロラン・バルト通り 1 番地 | トップページ | 準決勝 アルゼンチン 対 南アフリカ »

2007年10月14日 (日)

準決勝 フランス 対 イングランド

フランス 対 イングランド 9-14(6-5) トライ数 0-1

 開幕戦と決勝戦が同じ組合せという、何だか漫画のようでもある展開は実現しなかった。結局のところ、トライネーションズとアルゼンチン、それに英仏の六ヶ国は、総合的な実力にはそう差がないわけだから、劣勢が予想される場合にのみ真の力を発揮するというあり方ではフランスはいつまで経ってもエリス・カップを手にしえまい。フランスらしいといって片づけてもよいだろうが、優勝する力は十分にあるだけに惜しまれる。

 全体的にはミスも少なく、締まったゲームとなったが、前半はフランスの攻勢が目立った。ラックサイドの突進と外への展開(とりわけラインアウトがクリーンキャッチされたとき)とをバランスよく組合せ、ボールの保持と陣地の獲得に成功した。またハイパントを含むキックも当然多用され、細かなミスもありゴールラインを陥れるところまではいかなかったものの、開始早々事故のようにして与えた「ハンデ」といえるだろうトライの 5 点を、無理せず PG 二本で 17 分に引っくり返す。つまりは堅い試合運びをしたわけだ。
 イングランドも実は同じような攻め方をした。サイド攻撃に長く拘泥せず、前進が止められると――今日は実際あまり前進できなかった――SH ゴマソールは早め早めにウィルキンソンに回し、ウィルコはかなり無理な状態で一度 DG を狙った以外は、基本的に展開する。スクラムとラインアウト、ブレークダウンはほぼ互角、モールはややフランス優勢、となれば、一体どこで差がついてしまったのか。
 フランスはトライを取る気がないように見えた。例の「いざとなればいつだって取れる」という一種の余裕が感じられたということだ。開幕戦のように、といって差し支えなかろう、点数的にはほぼ同じなのだから。実際、レ・ブルーのパス回しはイングランドのそれと比べるときわめて滑らかで、ラインブレークも期待されたのだが、綺麗な形でのブレークはついに一度もなく、ノートライに封じられた。イングランドの防御は確かに固かったけれども、要するにそれを上回るスピードが欠けており、「数的優位」や「ズレ」を作り出すことができなかったということだ。積極的にミスマッチの局面を作り出そうとしているようにも見えなかった、というよりむしろ、F・プルースが勢いをつけてウィルキンソンに当たっていっても、逆に(負傷で)退場を余儀なくされたりするわけだから、ミスマッチなど成り立ちようもなかったというべきかもしれない。「バランスよく」というのは言い換えれば中途半端ということであり、要するにフランスが攻めたというより、イングランドに攻めさせられたということではないだろうか。

 後半になりミシャラクが出てきても状況は変わらなかった。スクラムやラックからの球出しが特に遅れたわけではない(エリッサルドはすぐれた SH である)けれども、回しても前進できない、悪いときのワラビーズのような展開を繰り返すばかりだった。われわれはこのようなブルーを幾度となく見てきたが、今日も悪い流れを打開することができなかった。大外で「余った」状況を作り出すという点では、むしろイングランドの展開プレーの方が可能性を感じさせたとさえいえる。
 3 点の積み重ねで勝つのでもよい――そうした気持がフランスにはあったのではないだろうか。だからこそ展開も、ボールを失わないための消極的なプレーとなってしまったのではないか。SO のキック選択が(タッチキックは除くと)イングランドより多い(35-25)というところにも消極性は現れている。後半は自陣からなかなか出られない時間帯も長く続いた。このあたりのゲーム運びはイングランドの方が一枚上手だった。

 イングランドの展開志向――正確には DG の濫用の自戒というべきかもしれない――はいつまで続くのだろうか。ウェールズなら抜けているのにとヤキモキさせられる場面もしばしばあるが、攻守両面にわたって今のところは一定の効果が得られているように思う。FW も依然好調である。南アフリカとの再戦も興味深いけれど、個人的にはアルゼンチンとのマッチを、しかも双方が展開プレーに活路を見出さざるをえないようなゲームを希望する。

〔付記 確かに外国語固有名詞のカナ表記は厄介ですよね。「ゴマサル」はついフランス式発音をそのまま転記してしまいました…。英語での発音を聞いたことがないのですが、村上晃一さん他を信用して「ゴマソール」と訂正します。それはそれとして、耳で聞こえるというのも個人差や方言差が関係してくるので絶対とはいえないわけで、結局は表記と発音の対応を(それが発音に忠実かどうかはさておいて)規則づけるのが一番混乱が少ないやり方ではあるでしょう。
 とはいえ、カナでそもそも表せない発音という問題がさらに出てくるので、ややこしくなりますけど、例えば「ミユー」、フランスのプロップの名前ですが、これは「ミユー」でも「ミルー」でもないというか、敢えていえばその中間の音なんですね。彼より遥かに有名なフランス人、ダンサーのシルヴィ・「ギエム」が実は「ギレム」でもあるというか、そのどちらでもないというのと同じです。小学生の頃いたでしょう?「ゴリラ」の「リ」を上手く発音できない級友が。遠い記憶を辿る限りでは、あの「リ」(の子音部分)は、この「ミユー」でも「ミルー」でもない音と近いような気がします。ちなみにいうと、
L 音と Y 音が近づくというのは、音価自体は違えど英語にも起こることで、oil や soil の実際の発音は「オィオ」(ないし「オィユ」)とでも表記するほかありません(「湿音」の L)。
 
フランス語は英語と比べて表記と発音の対応がより規則的ですが、固有名の場合はその対応が緩くなります。TF1(や France 2)のアナの発音では「ミユー」と聞こえる時が多いのですが、他方、グラウンド・リポーターの F・ランドロー(2000 年にブラックスを破ったブルーのフッカー)は「ミルード」と発音しています。フランスのラグビー関係者は南部の人が多く、あちらの方言というものも考慮しなければならず、厄介です。もっとも、リュグビーメン本人たちはこんな細かいこと恐らく気にしていないでしょうけどね。ガルチエもラクロワもパリで「訛り」をガンガン聞かせていますし。

|

« ロラン・バルト通り 1 番地 | トップページ | 準決勝 アルゼンチン 対 南アフリカ »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝 フランス 対 イングランド:

« ロラン・バルト通り 1 番地 | トップページ | 準決勝 アルゼンチン 対 南アフリカ »