« イーストウッド、1995 年のスプリングボクスを映画に? | トップページ | 決勝 南アフリカ 対 イングランド »

2007年10月20日 (土)

三位決定戦 アルゼンチン 対 フランス

アルゼンチン 対 フランス 34-10(17-3) トライ数 5-1

 ラ・プチット・フィナル、「価値の低い方のファイナル」と、フランス人が言えば自虐の意味合いを帯びてしまうが、そこに価値を見出せなかったフランスと、高低ではなく、三位という価値を見出したアルゼンチンとのモチベーションの差が出てしまった。わたくしはアルゼンチンのプレー、つまりボールを動かすという意味でのプレーを期待していたので十分楽しめたけれども、レ・ブルーにとっては残酷な結果となった。

 マッチに先立つ舌戦――「まだリュグビー・シャンパーニュとやらにお目にかかってない」「アルゼンチンはモールとラックだけ」――、あるいはフランスの何人かのプレーヤーによる自チーム戦術の批判(とりわけミシャラクによるもの)からして、熱く、そしてボールの動くゲームが予想された。フランスはタッチ・キックをほとんど蹴らずにエルナンデスに蹴らせてからカウンターを仕掛けることに決めていたのだろう、前半から果敢に攻めた。カウンターはすべて成功したわけではないけれども、舌戦の一方の主役である FB ポワトルノーによるものなど、いくつかよい突破があり、その後の展開が期待された。
 しかし、今日もプーマスのディフェンスは堅かった。ラインの上がりが非常に早く効果的だったし、ブレークダウンの攻防でも開幕戦同様に勝つ。反則すれすれの絡みも少なくなかったが、フランスの最大の敗因はサポートの遅さである。それはモール(ブルーが唯一勝てた部分)以外のほぼすべての局面にもいえることで、個人が突破して後が続かないというのでは、ロビンソン頼みの――と人はいう――イングランドのことをあれこれ言うことなどできまい。実際、感嘆するようなつなぎを見せたのはアルゼンチンの方だった。つまり、フランスがやりたかったであろうワイドな攻撃もパスによる連続攻撃も、アルゼンチンにやられてしまったわけである。エルナンデスも DG を一本(?)しか狙わなかった。DG を狙う必要もなかったし、FW でごり押しする必要もなかったということだ。
 後半のなかば、アルゼンチンが三本目のトライを奪って 24 点差(27-3)をつけたところでゲームとしては終わってしまった。戦法がある程度読めるオールブラックスは 20 点に抑えることができたが、何をやってくるかわからない今日のプーマス相手には、気持が切れてしまったこともあり、ディフェンスが追いつかなくなってしまった。攻撃面では、展開プレーが持ち味なのだとしても、ブルーの基盤はずっと FW にあったはずであり、そこで完敗してしまった以上この結果は仕方ない。

 アルゼンチンには今日のようなゲームを南アフリカ相手にやって欲しかったと思う。今から一年近く前、2006 年の 11 月にアルゼンチンとフランスはテストマッチを行なっている(スタッド・ド・フランス)。大雑把にいうと、フランスが再三の突破を見せてトライを気持ちよく奪ったのに対し、アルゼンチンの方はパスを積極的に回したもののハンドリング・エラーが多発したというような試合である。後半の後半にプーマスの追い上げがあり、最終スコアは 26-27 という接戦になったわけだが、負けは負けである。この敗戦を教訓とした戦略がすなわち、ディフェンスを整備し、ミスを最小限に抑えるべくパスを極力減らすという今大会の戦い方だったのだと思う。ディフェンスに関して象徴的な場面をひとつだけ挙げれば、後半 FB に回ったエルナンデスの自陣からのボックス・キックにポワトルノーがタッチ寸前で追いつく。ブルーの FB はバウンドを慎重に見極めるためもあったろうが、プーマスの FB が目前に迫っているのに緩慢にキャッチし、ステップでかわそうとする。逆を突かれ一度は振り切られたかに見えたエルナンデスはしかし、巧みに――というか、この身のこなしは天才的だ――反転し、辛うじてジャージに手をかける。最後まで諦めぬディフェンスの大切さが身に染みていることの現われだろう。
 三位表彰式でアルゼンチン側は歓喜を爆発させた(エルナンデスさえ喜びを隠さなかった)とはいえ、この試合は結局のところ負けてもよい試合だった。だからこそ積極的な展開プレーが可能となったといえぬこともない。それに、フランスのディフェンスがさほど厳しくなかった点を忘れてはならないだろうけれども、とにかくそうしたゲームもやろうと思えばやれることはわかった。今後の戦い方が実に興味深い。

 波乱に満ちていると言われた今大会のその波乱の主が実は他ならぬフランスであるということがよくわかるマッチだった。が、ともかくスペクタキュレールなゲームで、それなりに楽しめた。明日のイングランドもがんばってスプリングボクスに反撃して欲しいものだ。

|

« イーストウッド、1995 年のスプリングボクスを映画に? | トップページ | 決勝 南アフリカ 対 イングランド »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三位決定戦 アルゼンチン 対 フランス:

« イーストウッド、1995 年のスプリングボクスを映画に? | トップページ | 決勝 南アフリカ 対 イングランド »