« 三位決定戦 アルゼンチン 対 フランス | トップページ | Getting away from 10 ――ジョニー・ウィルキンソンのこと »

2007年10月21日 (日)

決勝 南アフリカ 対 イングランド

南アフリカ 対 イングランド 15-6(9-3) トライ数 0-0

 ディフェンスの堅いチーム同士の決勝戦だからこうしたゲームになることは予想されたけれども、それでも互いにひとつずつくらいはトライを取るだろうと思っていた。スプリングボクスの潜在的な決定力はいうまでもないが、イングランドの方もトライの意義を十分に、少なくともチームに勢いをつけるという意味での価値は完全に理解していたはずだからである。ハーフバックスに大きなプレッシャーがかけられ、ウィルキンソンの DG もそう多くは望めないことが予測できたし、足の速さや突破力にすぐれる「切り札」マシュー・テイトを(ルーシーの抜けた)ウィングではなく引き続きセンターで起用したのも、なるべく多くプレーに参加させるための策だったはずだ(ただし両チームのウィングはディフェンスでよく働いた)。そしてテイトは一度素晴らしい突破を見せ、トライ目前まで――ゴールライン寸前で止めた殊勲はマットフィールド――行ったのだから、また FW のサイド攻撃以外での仕掛けも(ある程度の)ワイドな展開も南アフリカよりは多く見られたわけだから、イングランド側としてはだいたい想定通りにゲームを運ぶことができたのだと思う。
 だが、ボクスはほぼすべての局面でイングランドを上回り、勝負をものにした。点差以上の力量差をあらゆる人が感じたに違いない。前半、CTB ステインの突破からワイドに展開した攻撃も見応えがあったけれど、とりわけ FW のブレークダウンやタックルの力強さやスピード、ミスしないという意味での正確さ、またラインアウトの制圧はただ感嘆するほかない。後半は両チーム FW のラッシュを主体とした連続攻撃も見られたが、特にボクスの攻撃は「怒涛」というにふさわしい圧倒的なものだった。圧力に耐え切れずイングランド FW の犯した反則を確実に得点に換えた冷静さと、最後まで衰えなかった力強く、そして相手 SH にしつこく絡まなくても守り切れるだけのディフェンス力は素晴らしかった。

 そういうわけでイングランドは、ロビンソンが途中退場してしまったり、三列の控えがいなくなったりという不測の事態が仮になくとも勝つのは難しかったかもしれない。テイトの突破をトライに結び付けられず PG で済ませたのが惜しまれる。点数の問題ではなく、勢いに弾みをつけるという意味であの場面はトライを狙うべきだった。後半早々のことだから無理もないとはいえ、ボクスが終始余裕をもってプレーしたのと対照的にイングランドはギリギリのところでやっていたのだから、四年前のように 3 点の積み重ねを計算することは不可能だったはずである。実際、ボクスの堅固なディフェンスのために PG の機会は二回のみに抑えられ、さらにハーフへのプレッシャーによってウィルキンソンは DG を余裕のないところで試みざるをえなかった(二回試み二度とも失敗)
 つまりイングランドは、望んでのことではないにせよ、トライを狙わないと勝てないような状況にあったということだ。おそらく準々決勝の対ワラビーズ戦からすでにそうだったのかもしれない。わたくしは何故かあの試合に心を動かされてしまい、マッチ直後の覚書では少々ほめすぎてしまったけれども、ローゼズはそもそもモートロックのキックの調子がよければ負けていたのだった。個人的にイングランドに注目したのは、(ウィルコの不調といった)消極的理由によるとしても、とにかくボールを果敢に回してトライを獲りに行かなければ勝つことができないチームとなっていたからである。逆にいうと、南アフリカの勝利を素直に喜べないとすればそれは、ボクスがトライをわざわざ狙わなくても勝ててしまうからだ。
 
前回大会におけるイングランドの強さ、トライを狙わなくても勝てるチーム作りや戦略に対抗すべく各チームはそれぞれにアンチテーゼ(例えばオールブラックスやウェールズ)を突きつけようとしてきたわけだが――フランスはチーム作りに失敗し迷走を重ねたけれども、前回準決勝での敗北がその要因だったという意味でやはり大きな影響を受けた――、今大会を最終的に制したのはまさしくそのトライを狙わなくても勝てるチームだったということになる。DG なしでも勝てるばかりか、余力を残しているようにさえ見えるという意味では 2003 年のイングランド以上の完成形といえるかもしれない。今年のイングランドは、いうなれば四年前の自分に対しアンチテーゼを突きつけることで何とか勝ち続けることができたチームなのであり、そのアンチテーゼが最後の最後で、しかもゲームの最中に放棄された(と思われる)のが個人的には残念だった。

 ただし、このスタイルがラグビー界の主流になるという危惧は共有できない。あらゆるチームがスプリングボクスのように戦えるわけではないし戦いたいと思わないという、当たり前の事情がやはりあるからだ。二大会続けて同じようなチームが勝ってしまったのでは確かに面白くない。しかし、プロ化・大型化の趨勢を踏まえるならば、こうしたスタイルが採用され、威力を発揮するのは不可避なのであって――だから、これは多様なスタイルのうちの単なるひとつなのではなく、ラグビーの本質とかかわるかもしれない一種の特権性をもつスタイルである――、少なくともしばらくの間は、2003 年イングランド=2007 年スプリングボクス型というテーゼに対するアンチテーゼの提起が、各チームの目標となるのではないだろうか。そうした試みが最終的にスタイルの二極化に収斂してしまうとすれば強く異を唱えたいと思う。それはスタイルの多様性とは別のものだからである。しかし、さしあたってラグビーが過渡期にあると理解しておくことは可能だろう。いずれにせよその「各チーム」の中には、体格的に対極に位置するだろうジャパンはもちろんのこと、今大会のイングランドがそうであったように、南アフリカ自身が含まれてもよい、というかそうなることを期待する。

 もっと矮小な次元でいうと、ワールドカップ優勝の価値を一定程度に抑える方策を考えないと、その準備のためにテストマッチが軽視されることになるし(フランス、南アフリカ)、決勝がいつも禁欲的なゲームになってしまってつまらない。四年に一度のお祭りなのだから、フィナーレにあたる決勝戦こそが最高の祝祭になって欲しいと思う。

〔付記 スペクタクルを一度見ただけでどれくらいのことが書けるか、あるいはそもそもどれくらいのことを記憶できるかを見極める実験として、この覚書はよい機会となった。そういった意味での練習、そして個人的な慰み以上の価値はなく、客観的にいっても噴飯物の夢想が入り混じったただのメモでしかないはずだが、お付き合い下さった方がいらっしゃったなら、篤く感謝申し上げる。〕

|

« 三位決定戦 アルゼンチン 対 フランス | トップページ | Getting away from 10 ――ジョニー・ウィルキンソンのこと »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2007」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決勝 南アフリカ 対 イングランド:

« 三位決定戦 アルゼンチン 対 フランス | トップページ | Getting away from 10 ――ジョニー・ウィルキンソンのこと »