« シンポジウム (於サン=ドニ市歴史・美術博物館) | トップページ | IRB 委員会決定を承けての雑感 »

2007年11月19日 (月)

ハイネケン・カップ プール第二節

 週末にフランス 2 でハイネケンカップの二試合を観戦する。昨日は「ビアリッツ対サラセンズ」、今日は「ブリストル対スタッド・フランセ」、いずれもイングランド対フランスの組合せとなった。

 全チームを見たわけではなく、また今後も継続して見られるとは思わないが、大雑把な印象としては、イングランドのチームが元気なようである。もちろんサッカーやラグビー・ユニオンの「プレミア・リーグ」は、それぞれの「退屈」な――と人はいう――代表チームとはそもそもだいぶ違うし、わたくしなど、初めて見たときそのスピードに大きな衝撃を受けたものだが、サラセンズもブリストルも果敢にパスを回してスペースを作りだそうとしており、好感のもてる戦いぶりだった。

 個人的には、サラセンズを見たのは国立競技場でのサントリー戦以来のことだから、もう何年になるのか。アブデラティフ・ベナジを生で見るという喜び、前半フライハーフを任されたものの出来がいまひとつで後半はアウトサイド CTB に回されてしまった(でもトライにつながるパスで貢献した)岩渕健輔に対して、アンディ・グッド――彼は今も健在で、W 杯前のテストマッチにイングランド XV として出場していたし、クラブではロフレダの率いるタイガーズの正 SO として活躍している――の安定したプレーなど、今でも覚えている。昨日のマッチはトライ数では 3-1 の完勝だったが、ビアリッツ SH のディミトリ・ヤシュヴィリの PG に敗れてしまった。

 ビアリッツにしろスタッド・フランセにしろ、頑張ってはいるのだろうが、何をやりたいのかわからないし、結果としてトライも取れていない。フランスのクラブ・チームは代表の一般イメージとは逆に、伝統的には「FW 戦上等!」なので、華麗な展開プレーを必ずしも期待しているわけではないけれども、どう見ても全体的に不調である。

 第二週が終わった時点でプール 1 組首位のロンドン・アイリッシュが 13 トライ、プール 5 組首位のロンドン・ワスプスが 7 トライと、トライを獲って勝つという戦い方を打ち出しているのに対し、フランスのクラブではクレルモン・オーベルニュが 8 トライを記録してはいるものの同じく 8 トライを奪われており、1 勝 1 敗の三位と低迷している(5 組)。

 陣地の取り合いということでは、代表と同様、イングランドのチームに一日の長がある。ビアリッツに勝利をもたらすことになる最後の PG は 50m 弱のところで得たものであって、これは要するにプレー(というかラグビーそのもの)で負け、テリトリー獲得でも負けた末に、個人技(まあレ・ブルーのキッカーでもあった人だから)で辛うじてマッチには勝ったというだけのことに過ぎない。

 スタッド・フランセの方は、主力の多くを欠いており(FB はニコラ・ジャンジャン、懐かしい)、仕方ない面もあるけれど、まさか零封されるとは思わなかった。3 組はウェールズのクラブで唯一好調なカーディフ・ブルーズが現在首位となっている。プール・ステージの前半だから勝ち抜けの行方はまだまだわからないが、後半戦に期待したい。

|

« シンポジウム (於サン=ドニ市歴史・美術博物館) | トップページ | IRB 委員会決定を承けての雑感 »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー 6Ns ほか」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイネケン・カップ プール第二節:

« シンポジウム (於サン=ドニ市歴史・美術博物館) | トップページ | IRB 委員会決定を承けての雑感 »