« 「現実が来週から始まる」 | トップページ | 「ヌーヴェルヴァーグの 50 年」(France 3) »

2009年1月20日 (火)

雑談(1)

「氷の世界」などと大仰ないい方をしましたが、気温が氷点下マイナス 10 度の日は実際には二、三日のことで、それ以降は割に過ごしやすい日が続いています。
 それにしても、ラグビーがないとある意味「平和」ですねえ。うっかり週末のハイネケンカップ放映を見逃してしまったための無聊ということでもあるのですが、イスラエルの「ガザ侵攻」、要するにテロリズムでありジェノサイド――あるいはゲットーを対象としたホロコースト――にほかならぬ軍事行動がさしあたって停止されることになったのは何にしろよかった。もっとも、根本的解決には程遠く、というよりむしろ、いろんな人がいろんなことをいっているのですが、「真実」はどこにあるのか、何が根本的解決なのか、全然わかりませんね。むろん、真実がウェブ上に(even in English, you know)ごろりと転がっているわけもなく……。

 どちら様もお気づきにはならなかったと思うので自分からいってしまいますが、このブログは先月 27 日以来、秘かに「戦時態勢」を敷いてきました。シルヴィ・カスパールの朗読しかり、オリヴェイラの映画――ヴェネツィアとともにパレスチナが喚起される――、そして未来主義もまた然り。
 未来主義(とりわけマリネッティによる「宣言」)がいわゆる「戦争の美学化」を明示的に語った嚆矢というのは常識に属す事柄でもあるので、敢えて触れることはしなかったのですが、乱暴にまとめてしまうと、藝術が担うとされてきた道徳的また(広義の)哲学的「有用性」の否定ないし軽視が、半世紀ののちに、五感の満足の手段として、藝術の代わりに戦争へと行き着いてしまったというようなことです。

 タブローを中心に展開されたイタリアやフランスの未来主義藝術を補完するかのように、プルーストは登場人物の一人にこう語らせています、「ドイツ軍の空襲があればもはやヴァグナーは必要ない」と(『見出された時』)。戦争に直面し、映画ではなくヴァグナーの歌劇を引き合いに出すプルーストの感性が古いのか新しいのか、単純に決することは難しいけれど、ともかく彼が批判的に思い浮かべていたものを現代生活のうちに探すとすれば、それは要するに絵プラス音、すなわちテレビということになるでしょう。事実、湾岸戦争テレビ報道はマリネッティの「宣言」のある意味における正しさを立証することになりました。
〈戦争こそがわれわれの五感を満足させる〉というテーゼは、〈スペクタクルは戦争でなくてはならない〉という別のテーゼに容易にそして不断に反転する可能性がある。そのゆえにこそ(と強引に論を進めることが許されるなら)、〈戦争のスペクタクル化〉の装置たるテレビ、とりわけそのスポーツ中継に注目しなければなりません。現代のスペクタクルがその本質からして平面的なものであるとするならば、いかにしてそこに空間性を回復させるかということが問題となるでしょう。
(しかし同時に次のような疑問が湧いてきます。スタジアムでのナマの観戦もつねにすでに「平面」によって媒介されているのではないか? 立体を平面に閉じ込める原理をひとまずキュビスムと呼ぶならば、キュビスト彫刻とはそれでは一体何だろう? パソコン画面で「見る」名画はタブローなのか? などなど。)

 鏡は魔法によって過去を映し出すとオリヴェイラはいっています。鏡とは何の謂いか、よくわからないところもあるのですが、つねに現在的とされるテレビや映画における時間を考えるにあたって、彼の作品は大切なことを示唆しているように思われます。

 夏目漱石の『薤露行』(1905 年)は『アーサー王物語』の翻案――

 世に伝うるマロリーの『アーサー物語』は簡浄素樸という点において珍重すべき書物ではあるが古代のものだから一部の小説として見ると散漫の譏は免がれぬ。まして材をその一局部に取って纏ったものを書こうとすると到底万事原著による訳には行かぬ。従ってこの篇の如きも作者の随意に事実を前後したり、場合を創造したり、性格を書き直したりしてかなり小説に近いものに改めてしもうた。主意はこんな事が面白いから書いて見ようというので、マロリーが面白いからマロリーを紹介しようというのではない。そのつもりで読まれん事を希望する。
 実をいうとマロリーの写したランスロットは或る点において車夫の如くギニヴィアは車夫の情婦のような感じがあるこの一点だけでも書き直す必要は充分あると思う。テニソンの『アイジルス』は優麗都雅の点において古今の雄篇たるのみならず性格の描写においても十九世紀の人間を古代の舞台に躍らせるようなかきぶりであるから、かかる短篇を草するには大に参考すべき長詩であるはいうまでもない。元来なら記憶を新たにするため一応読み返すはずであるが、読むと冥々のうちに真似がしたくなるからやめた。
 〔漱石による端書。太字の部分は特に意味はないけれど、何だか面白いので。〕

――として知られますが、鏡についての印象深い一節をそこに読むことができます(第二章「鏡」)。

 ありのままなる浮世を見ず、鏡に写る浮世のみを見るシャロットの女は高き台の中に只一人住む。活ける世を鏡の裡にのみ知る者に、面を合わす友のあるべき由なし。
 春恋し、春恋しと囀ずる鳥の数々に、耳側てて木の葉隠れの翼の色を見んと思えば、窓に向わずして壁に切り込む鏡に向う。鮮やかに写る羽の色に日の色さえもそのままである。
 〔…〕
 古き幾世を照らして、今の世にシャロットにありとある物を照らす。悉く照らして択ぶ所なければシャロットの女の眼に映るものもまた限りなく多い。ただ影なれば写りては消え、消えては写る。鏡のうちに永く停まる事は天に懸る日といえども難い。活ける世の影なればかく果敢なきか、あるいは活ける世が影なるかとシャロットの女は折々疑う事がある。明らさまに見ぬ世なれば影ともまこととも断じがたい。影なれば果敢なき姿を鏡にのみ見て不足はなかろう。影ならずば?――時にはむらむらと起る一念に窓際に馳けよりて思うさま鏡の外なる世を見んと思い立つ事もある。シャロットの女の窓より眼を放つときはシャロットの女に呪いのかかる時である。シャロットの女は鏡の限る天地のうちに跼蹐せねばならぬ。一重隔て、二重隔てて、広き世界を四角に切るとも、自滅の期を寸時も早めてはならぬ。
 去れどありのままなる世は罪に濁ると聞く。住み倦めば山に遯るる心安さもあるべし。鏡の裏〔うち〕なる狭き宇宙の小さければとて、憂き事の降りかかる十字の街に立ちて、行き交う人に気を配る辛らさはあらず。〔…〕かく観ずればこの女の運命もあながちに嘆くべきにあらぬを、シャロットの女は何に心を躁がして窓の外なる下界を見んとする。
 鏡の長さは五尺に足らぬ。黒鉄の黒きを磨いて本来の白きに帰すマーリンの術になるとか。魔法に名を得し彼のいう。――鏡の表に霧こめて、秋の日の上れども晴れぬ心地なるは不吉の兆なり。曇る鑑の霧を含みて、芙蓉に滴たる音を聴くとき、対える人の身の上に危うき事あり。〔…〕
 〔…〕
 鏡の中なる遠柳の枝が風に靡いて動く間に、忽ち銀の光がさして、熱き埃りを薄く揚げ出す。銀の光りは南より北に向って真一文字にシャロットに近付いてくる。女は小羊を覘う鷲の如くに、影とは知りながら瞬きもせず鏡の裏を見詰る。十丁にして尽きた柳の木立を風の如くに駈け抜けたものを見ると、鍛え上げた鋼の鎧に満身の日光を浴びて、同じ兜の鉢金よりは尺に余る白き毛を、飛び散れとのみさんさんと靡かしている。〔…〕女は息を凝らして眼を据える。
 曲がれる堤に沿うて、馬の首を少し左へ向け直すと、今までは横にのみ見えた姿が、真正面に鏡にむかって進んでくる。太き槍をレストに収めて、左の肩に盾を懸けたり。女は領を延ばして盾に描ける模様を確と見分けようとする体であったが、かの騎士は何の会釈もなくこの鉄鏡を突き破って通り抜ける勢で、いよいよ目の前に近づいた時、女は思わず梭を抛げて、鏡に向って高くランスロットと叫んだ。ランスロットは兜の廂の下より耀く眼を放って、シャロットの高き台を見上げる。爛々たる騎士の眼と、針を束ねたる如き女の鋭どき眼とは鏡の裡にてはたと出合った。この時シャロットの女は再び「サー・ランスロット」と叫んで、忽ち窓の傍に馳け寄って蒼き顔を半ば世の中に突き出す。人と馬とは、高き台の下を、遠きに去る地震の如くに馳け抜ける。
 ぴちりと音がして皓々たる鏡は忽ち真二つに割れる。割れたる面は再びぴちぴちと氷を砕くが如く粉微塵になって室の中に飛ぶ。七巻八巻織りかけたる布帛はふつふつと切れて風なきに鉄片と共に舞い上る。〔…〕「シャロットの女を殺すものはランスロット。ランスロットを殺すものはシャロットの女。わが末期の呪を負うて北の方へ走れ」と女は両手を高く天に挙げて、朽ちたる木の野分を受けたる如く、五色の糸と氷を欺く砕片の乱るる中にどうと仆れる。

〔引用は青空文庫のものを使用させていただきました。ふりがなは原則的に省略、また表示できない漢字はひらがなで置き換えてあります。〕

 ルビがないと読みにくい漢字が多いなあ――っていうか首相の麻生は、「漢字力を巡って民主党と質疑」してるんぢゃねえ! 他にやることがいくらでもあるでしょうが。

 とにかく、ランスロ(ット)の眼力はすさまじかったわけですが、では現代において四角四面の「鏡」を割るのは誰か(あるいは何か)、そういう問題が浮上してくるように思われます。もちろん、タイガースが負けるとテレビを破壊してしまう阪神ファンは除いて。

 大衆の時代の到来を十分に意識しつつ制作された未来主義絵画が特権的主題のひとつとして選んだラグビー、「テストマッチは戦争だ」といわれるのとは少し違った意味においてもまた、そして結局のところ本質的に、ラグビーとは戦争なのではないか――そのようなことを考えつつ、二月から始まるシックス・ネーションズを楽しみに待っています。

|

« 「現実が来週から始まる」 | トップページ | 「ヌーヴェルヴァーグの 50 年」(France 3) »

アート」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑談(1):

« 「現実が来週から始まる」 | トップページ | 「ヌーヴェルヴァーグの 50 年」(France 3) »