« シックスネーションズ SCO-WAL / ENG-ITA / IRE-FRA | トップページ | クリント・イーストウッド『グラン・トリノ』 »

2009年2月15日 (日)

シックスネーションズ WAL-ENG / FRA-SCO / ITA-IRE

 大学の図書館に行ったら、 "mouvement social" のため館外貸出・書庫文献閲覧を断られてしまった。政府の大学「改革」案に反対するため 9 日に学生・教職員による総会が開かれ、無期限ストライキが採択されたからである。本が借りられないというのはセイガクにとっては実に実に困ったことであるし、これまでもさまざまな mouvements sociaux (鉄道のストなど)によって個人的に迷惑を被ってもきたのだが、他方でやはり、こういう風にストやデモが日常茶飯事となっているのは、フランス社会のある面での健全さを示すものだろうとは思う。日本もやればいいのに。デモはいいものですよ。もちろん日の本にも戦争反対のデモはありますし、わたくしも参加したことがありますけど、もっと日常的にですね、ええ。

             *

フランススコットランド 22-13(トライ数 1-1)

 フランスはスコットランドにコロッと負けることがあるからなーとぼんやり考えていたが、そうした相性の問題も手伝って、だが何よりスコットランド・チーム自体の成長によって、今年度も接戦に近い試合となった。少なくともスコアとしてはそういうほかない。しかし、両チーム、とりわけスコットランド側にノックオンが多かったために、興がかなり殺がれたのも確かである。特に思い入れのないチームだから比較的冷静に見守ることができたけれど――これがジャパンだったら多分わたくしはマヨネーズのチューブを引き千切っていただろう、そして返りマヨネーズを浴びながら生きる意味について考えていたことだろう――、積極的にボールを展開し(タックル数は何とフランスの方が多かった)、よいつなぎやライン・ブレークがあっただけに非常に残念だった。

 フランスはディフェンスが好調であり、その結果として得られた PG を確実に決めて勝ったわけだが(スの反則 15、PG は 7 本狙って 5 本成功)、他方トライが 1 本に終わったのは、スコットランドのディフェンスが頑張ったからである。ラックでの早い球出しが出来ないときどうするか――というのはここのところずっとフランスの課題だったわけだが、「エコッス」より反則の少ないチーム(たとえばウェールズ)との対戦はこのままでは苦労するだろう。
 魂の奥底からの主張ということでは全くないが、攻撃時にはやはりエマンスを FB に置いた方が有効だし面白いように思う。

             *

ウェールズイングランド 23-15(トライ数 1-2)

 二年連続して対イングランド戦勝利の立役者となったジェームズ・フック(仏風にいうと「ウック」)の起用も予想されたなか、負傷欠場による変更を除けば、基本的に先週と同じメンバーでウェールズは試合に臨むことになった。昨年紹介した英主将の言葉にあったとおり、今回もまた「肉体と肉体のぶつかり合い」が中心だったということができるだろう。違いは、イングランド側の頑張りが 80 分続いた点、そして、にもかかわらず、ウェールズがだいたいにおいて優勢だった点である。

 スコアの上で完勝だった先週のパフォーマンスより、今週のゲームが称えられるとすれば、イングランドにとっては屈辱でもあるだろうが、それでもやはり、タックルやボール争奪局面での激しさ、極端なブリッツ・ディフェンス、そしてとりわけ相手 SH フィリップスへの絶え間ないプレッシャーは、ウェールズのトライを最小限に抑えるという意味では思惑どおり成功したといえるのではないだろうか。結果として、少なくともトライ数では上回ることができたのだから。

 イングランドの二本のトライはいずれもバックスによるものだったが、実際、今日は J・ワースリーを始めとする FW の頑張りがとにかく目立った。そして、頑張ったのだが、反則が多かった。つまるところそれが敗因なのだといってもよいけれど、他方、自陣で犯した七の反則が仮になかったとすれば、少なくとも二本余計にトライを奪われていたはずだから(最終スコアの 8 点差が例えば 2 点差になる)、勝つのはいずれにせよ難しかったろうと思われる。ターンオーバー数はイングランドの 4 に対し、ウェールズが 7 となっている(BBC 調べ)。タックル後にボールの出を妨げたとしてバックス二人がシンビン適用となったのは確かに痛かったけれど、これは試合を通じて反則――とレフェリーには見えた行為――が繰りかえされたことの必然的結果というほかない。

 今日のような試合を見ると、イングランドがトライを取って勝つゲームを志向し、実際に試みていることの現実的意義がよくわかる。絶対的なキッカーの不在が敗北に直結するような戦い方がそもそも不健全なのだから、残り三試合も、その方向で頑張って欲しいと思う。
 ちなみに BBC の BBS に「2003 年のイングランドと 2009 年のウェールズではどちらが強いか」というスレッドがあって、この比較それ自体は不可能だが(敢えていえば、やはり 2003 年のイングランドでしょうかね)、厳然たる事実として確認されるのは、2000 年から 2003 年にかけてのイングランドは実はトライを多く取っていたということである。この方向がたぶん、結局は現実的な戦い方なのである。取り方は時代により、またルール次第で変わるにしても。
 そうそう、リキ・フルーティがイングランド代表になるとは予想外だったが、チームにフィットすれば十分な戦力となりうることはわかった。ほとんど直角のステップはふつうの白人チームにはないものであり――だからこそシェーン・ウィリアムズは貴重なのである――、他のプレーヤーが彼の動き方を理解し、それに合わせるなら、大きな武器となりうるだろう。もっとも、年齢的にそう長くプレーするとは思えないので(今年 29 歳)、やはりセンターは別に育てなければならないと思う。

 ウェールズの方は、トライを簡単にとれないということで、戦い方を早いうちに切り替える余裕があった。それでも尚トライを奪って勝つべきだったとは思うけれど、やはりフィジカル勝負が前提としてある以上、やむをえないことだったのだろう。イングランドと同様、今日はとりわけ FW の頑張りが素晴らしかった。ちなみにテレビ解説の J・カザブルーは G・ジェンキンスが「オム・デュ・マッチ」だろうといっていた。
 バックスの攻撃は、S・ウィリアムズの不在にもかかわらず高速で切れ味鋭かったが、今日はセンターが「肉体と肉体のぶつかり合い」に巻き込まれざるをえなかった分、FB のバーンが WTB ハーフペニーへパスを供給する役目を担うことになった。トライに直結したものと A・グッドの反則を誘ったもの、いずれのパスもタイミングが素晴らしかった。本当によいフルバックになったものだ。
(このふたつの右オープンの攻撃、ほとんど同形といってよいアタックは、後半始まってすぐ、ほんの数分を置いて続けざまに展開されたものである。このあたり、イングランド側のディフェンス・リーダー不在が示されているだろう。)

 折に触れていっていることだが、6 番と 8 番のうち一人は、状況に応じてパスが出来るようにすべきではないか。今日の試合でも、外にパスすればチャンスが拡がるという場面があった。フィジカルに自信があるのだとしても、このレベルではやはり、そうそう簡単に突破できるわけではないのだから。
 あと、ハーフペニーは、S・ウィリアムズを見習って、ディフェンスを向上させるとともに、タックルされてもボールを活かせるようになって欲しい。体格の割に強さはあるようだが、全般的にプレーが淡白に感じられる。

(ハーフペニー、ジュード・ローにちょっと似ているよねとアルベルチーヌに言ったら、「ジュードローの方がずっとハンサム」という答えだった。でも「むしろマチュー・アマルリックと中村福助の方がそっくりだと思う」という、その「むしろ」って何? そんなこと言い出したら、スティーヴン・ジョーンズなんか丸っきりドラキュラぢゃないか!)

             *

イタリアアイルランド 9-38(トライ数 0-5)

 見逃した。

|

« シックスネーションズ SCO-WAL / ENG-ITA / IRE-FRA | トップページ | クリント・イーストウッド『グラン・トリノ』 »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー 6Ns ほか」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シックスネーションズ WAL-ENG / FRA-SCO / ITA-IRE:

« シックスネーションズ SCO-WAL / ENG-ITA / IRE-FRA | トップページ | クリント・イーストウッド『グラン・トリノ』 »