« 翻訳とそこに賭けられたもの | トップページ | 「ナチス標語、外国語なら合法」 »

2009年7月28日 (火)

ワールドカップ 2019 開催決定

 嬉しさより、大会が成功するかどうかという心配が先に立ってしまうし、自分自身も含めて 10 年後の日本国がどうなっているか全く想像もつかないが、まあ決まってよかったのでしょう、たぶん。

 芝を育てる、インゴール(サッカー場を使用する場合)を拡張する、陸上トラックのある競技場は避ける、近鉄花園ラグビー場に照明を設置する(橋下知事!)――などなど、金のかかる要望は、考えていて空しくなるけれど、それでもいちおう書く。国立霞ヶ丘はだから今のままでは二重にダメでしょう。やはり秩父宮と花園、それに熊谷、瑞穂などのラグビー場をメインにして欲しい。

 それから、開会式典の「アトラクション」。
 2002 年のサッカーのがどんなだったか既に忘れてしまっているけれど(開幕戦でジョルカエフがボールを奪われ、ルブフが抜かれたシーンはいまだに覚えているのだが)、とにかく勘違いせず、簡潔に済ませてほしいと思う。
 戯れに私案を書きつけておく――
 照明が点くと、サッカーの試合が行われている。これは適当でよく、11 人揃っている必要も実はない。
 重要なのは、両サイドのゴールキーパー、つまりはフルバックである。ボールが適当に(というか適切に)蹴られて A チームのキーパーの方に転がってゆく。キーパーはダイレクトで蹴り返すのが望ましいが、とにかく相手チームのキーパーまで直接届くキック力が――それだけが――必要となる。
 もうお分かりかと思いますが、そう、で、B チームのキーパーは、自分に向かって飛んできたボールをキャッチし、それを抱えたまま駆け出すわけです、荒野をめざして。あ、いや、違うな、相手ゴールを目指して。何だかワクワクしてきますねえ。誰がいいかなあ、キーパー A はキック力、キーパー B はキャッチ力+脚力。日本人 FB はキャッチし損ねてしまいそう。絶対に落としてはいけないところだから、ここはやはりイチローか。で、川口能活が蹴ると。
 ……冗談はほどほどにして、真剣なところ(いやそもそもが戯言ではあるんですけど)、金野-谷藤みたいな組合せがいいと思うが(B の方は吉田義人でもいいかもしれない)、日本人にこだわる必要もないとすれば、J・M・エルナンデスが蹴り、〈2019 年に「過去の名フルバック」の一人と目されているであろう誰か〉が楕円球を抱えて走る。できればスコットランドとかウェールズ、フィジーのようなところのプレーヤーがいいかな。あああああああ、われながら素晴らしいグッドアイデアであるような気がしてきた。
(キーパー A が蹴った瞬間に真円球が楕円球に変わるというような妖術があれば尚よいのだが、技術的に可能なのだろうか。)

 ともかく、年齢的にいって、現在高校生くらいの人たちがジャパンの中心になるだろうから、ホントがんばってください。昂奮のあまり失禁してしまうような、あるいはそうでなくとも、胸の締めつけられるような、そういう試合を期待しています。

 商業主義の影響力がラグビーにおいても強まる一方であるだけに、スポーツにおけるアマチュアリズムといった事柄については思うところもないではないけれど、とり急ぎまずはお祝いまで。

|

« 翻訳とそこに賭けられたもの | トップページ | 「ナチス標語、外国語なら合法」 »

ラグビー」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ 2019 開催決定:

« 翻訳とそこに賭けられたもの | トップページ | 「ナチス標語、外国語なら合法」 »