« 『イトウの恋』 | トップページ | ニュージーランド 対 フランス グループ A »

2011年9月22日 (木)

トンガ 対 日本 プール A

 トンガ 対 日本 プール A 31-18(18-13) トライ数 3-3

 ひどい試合だった。もうワールドカップなど出なくていいんじゃないかと思わせるほどの完敗である。いやもちろん、客観的には対ニュージーランド戦の方がよりひどかったことになるはず――このような「ダブル・スタンダード」の存在は日本ラグビーの後進性の表れに他ならない――が、心あるファンにとっては、今日の対トンガ戦の方が衝撃的だろう。

 ゲーム内容に即していえば、ブレークダウンでの敗北、そして、あってはならないはずのハンドリング・エラーの頻発、これが敗因である。公式スタッツによれば、ターンオーバーがトンガの 9 に対し、日本は零。だがそれは結果であって、ボールを奪われないまでも、球出しはほとんど常に遅らせられ、対フランス戦のような素早い攻撃ができなかった。
 ジャパンの選手たち、とりわけ FW は、トンガのラッシュには試合開始直後から気づいていたと思うが、なぜ最後まで自らの集散の遅れを修正できなかったのだろうか。またスクラムで優位に立てないことを悟れば、ダイレクト・フッキングなど対処のしようはあったはずだが、この点でも修正は見られなかった。
 ダウンボールが相手に取られると思ったら、ボールを抱え込むのではなく、自陣側に強くプッシュしてラックを回避すればよい。SH と打ち合わせておけば特に問題はなかろう。ラック形成によるオフサイドラインはなくなるわけだから、敵プレーヤーはいっそう前に出てくることになるが、トンガの戦略はいってみればそれだけの単純なものだったのだから、その背後を狙って仕掛けるなど、やりようはあったはず。観戦していた人の多くは、ジャパンが何の手も打たないでいることに苛立ったに違いない。

 こうした点、つまり試合中に機転を利かせられなかった点まで JK の責任としてよいのか、わたくしにはわからない。フランスやオーストラリアといった一流どころにおいても、その場での修正が利かないということは少なからず起こっているからである。いずれにしても、大きな犠牲を払って必勝を期した試合に負けてしまった以上、今回のチームづくりはどう考えても失敗だ。すでに書いたと思うが、その失敗は GM や HC の責任であって、協会が健全であれば、彼ら、とりわけ HC との契約更新は当然のことながらありえない。
 ところで、選手たちは日本のために試合を戦ったのだろうか。そうではないだろう。試合に先立って国家を斉唱したりするので事態がややこしくなるけれども、選手はたぶん自分のために、というのはすなわち、自分がやりたいからこそ、やっているのだと思う。だから観客としてはあまり期待しすぎない方がよいだろう。
 ただ、頭があまりに弱いところを見せられると、何か一般の日本人まで同類に見られかねないので、次の対カナダ戦ではその点に気を付けてくれればなあと、ささやかな希望を記しておきたい(政治家に対しても同じようなことはもっと強く感じるが)。
 実際カナダは、この間の対フランス戦で、レ・ブルーがゴール前ハイパントからトライを奪った直後、それとまったく同じやり方でお返しができるほどには機転が利くチームである。前回大会でも、日本のトライライン付近でごちゃごちゃとファイトしている最中に、反対側がぽっかり空いていることにジャパンより先に気づいて(SH だったかな?)、キックパス→トライを成功させていた。

 それに、何といってもジャパンは弱い。近年弱くなったのではなく、ずっと弱かったのだ。ジャパンが強かったことなどこれまで一度もない。いい加減ワールドカップで活躍しておかないと、ラグビー人口の減少という事態もありうるけれども、協会がそれでよしとするなら何もいうことはない。税金を使っているわけではないし――おっと、確か 2019 年大会のために、確かサッカーくじの収益金を流用することになったのだった。財団法人日本ラグビーフットボール協会はサッカーファンからの批判に耐えられるだけの言い訳を用意できるだろうか。彼らはラグビーファンよりずっと手厳しいはず。

|

« 『イトウの恋』 | トップページ | ニュージーランド 対 フランス グループ A »

ラグビー」カテゴリの記事

ラグビー ワールドカップ 2011」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンガ 対 日本 プール A:

« 『イトウの恋』 | トップページ | ニュージーランド 対 フランス グループ A »