« イングランド 対 フィジー(A) | トップページ | ウェールズ 対 フィジー(A) »

2015年9月21日 (月)

南アフリカ 対 日本(B)

 南アフリカ 対 日本 32-34(12-10) トライ数 4-3 公式統計

 「異論はありうるだろうが」(arguably)ラグビー・ワールドカップ史上、そしてさらにはラグビー・ユニオン史上最大の番狂わせ――という表現、これは確かに試合の痛快な一面を扇情的にいい表したものではあるけれど、反面、日本チームがそれほどまでに弱いと見なされていたということでもあるわけで、どちらかといえば不名誉なことなのかもしれない。
 これまでW杯史上最大の番狂わせといえば、1999年大会準決勝のフランス対ニュージーランド戦だった。しかしフランス(およびイングランド)はそもそも南半球三ヶ国に実力で伍することのできる、つまりまぐれでなく勝つことのできるチームなので、同列には論じられないはず。

 というわけで、この試合結果が日本の実力を反映したものかどうかは、少なくとも今大会のこれからの結果、もっといえば次の大会(日本で開催される)での戦い方如何にかかっている。まあ、数年に一度、気紛れのように番狂わせなり「ジャイアント・キリング」なりを仕出かすチームというキャラクターも悪くはないけれど!

 それはそれとして確かなのは、われわれはもはや日本代表の過去の「善戦」に言及する必要が――個々の素晴らしいプレーは別だが――なくなったということである。

 素晴らしいプレーはこの試合でももちろん披露された。例えば残り10分少々、南ア陣22m付近からの右オープンのサイン・ムーブがそうだ。SH 田中→インサイドCTB立川→FH小野という変則的なパスに続き、小野の背後に忍んでいた左WTB松島へのリターン・パス。これは個人的な記憶では例えば2007年大会でワラビーズにやられたもので、ラーカムと相対していたFL佐々木が対応しきれずトライにまでつながったプレーである(まあこれ以外にも山ほどトライを献上したのですが)。今回の日本のムーブでは、相手CTBの世界的名選手デヴィリアスが小野につられて全く対処できなかった。これほど痛快な出来事もない。身体の重心を外に移しながら内側にパスをした小野の技倆に目が覚めるというか、すでにとどまるところを知らなかったわたくしの涙と洟がいっそうひどくなったのでした。

 そういえばわたくしは前半30分くらいのドライビング・モール(英語ではrolling maulというようです)によるトライ辺りからずっと洟を啜りながら泣いていたのだった。日本の――というか弱い方のチームの――モール・トライはだいたいにおいて感動的なのだが、この日はとりわけ、小野や立川らバックスが駆け付けて押し比べに参加したところで涙腺が突発的に開いたと思う。
 観客を味方につけ、南アフィフティーンから冷静さを奪うところまで計算されていたとすれば(むろんそこまで計算づくだったと思うが)、エディ・ジョーンズ氏は本当に凄い、というか凄かった。なぜこのような人を手放すのかといえばそれは、ひとえに日本協会幹部が揃いも揃って馬鹿だからである。先般の新国立競技場騒動で世間を呆れさせた河野一郎のごとき下種野郎に長らく牛耳られていた組織ゆゑ仕方のないことではあるものの、もう何というか、岩渕健輔くんに早く偉くなってもらうほかない。
 近頃話題の清宮父氏はこの試合を見て、たいそう技癢を感じたことだろう。もちろん彼にはそれなりの(周到に用意された)「番狂わせ」の実績があるわけだが、FWコーチのマルク・ダル・マゾもEJとともに去ってしまうわけで、日本選手権のようには行かない可能性がある。それでも薫田某よりはだいぶましと思うけれど。

 選手全員が最善を尽くしたことにはただ賛辞を贈るのみだが、個人的には立川の復調が嬉しかった。以前にも書いたことがあるけれど、日本のバックスは立川が自らゲインしなければ苦しくなるので、今日の彼のプレーは非常に効果的だった。もしかするとこの水準のゲームではCTBの方が向いているのかもしれないね。それは次のスコットランド戦ではっきりするはず。

 プレーとは直接の関連はないけれど、ヴィクター・マットフィールドの諦念を翳された表情も印象に残った。

 このゲームをスタジアムで観た人は本当に幸運だと思う。
 

|

« イングランド 対 フィジー(A) | トップページ | ウェールズ 対 フィジー(A) »

ラグビー(2015-)」カテゴリの記事

ラグビーワールドカップ 2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカ 対 日本(B):

« イングランド 対 フィジー(A) | トップページ | ウェールズ 対 フィジー(A) »