« アルゼンチン 対 トンガ(C) | トップページ | 「電通は日本のメディアを支配しているのか」にかこつけて »

2015年10月11日 (日)

アルゼンチン 対 ナミビア(C)

アルゼンチン 対 ナミビア 64-19(36-7) トライ数 9-3 公式統計

 久しぶりに見たホアン・マルティン・エルナンデス。二本目のFHみたいな扱いを受けているのはなぜだろう。しかもゴールキッカーではなくなっている(この試合では13番ゴンザレス・イグレシアスが務めた)。まあ怪我の絶えない人だし、彼の存在を前提としないチームづくりがなされてきたのだろう。実際、SHからのパスを、エルナンデスではなくCTB(特に12番のソシノ)が受ける場面も少なからず見られた。パスの受け手を複数置くというのはよいことである。また、これはそういう戦術なのだろうけど、例えばフィールド右寄りのスクラムからの展開であらかじめエルナンデスとソシノが位置を入れ替えていることもあった。スクラムサイドの防禦の観点から位置を入れ替えるというのは比較的よく採られる配置だが。

 とにかく、圧倒的な地力の差を背景に、プーマスがパスプレーを中心としつつ走り勝った試合。

 準々決勝の相手はアイルランド。対オールブラックス戦を見ないまま適当に放言してしまうと、ブレークダウンで勝つか少なくとも対等にならない限り、結構な差で負けそうな気がする。
 いい換えれば、準々決勝四試合のうち唯一、ヨーロッパのチームの優位が予想されるということである(大方はそういう見方に立っていることでしょう)。しかしわたくしは、アルゼンチンを旧来の「北対南」の構図には入らぬ新興国と考えるので――アイルランドの悲願に共感しないでもないけれど――やはりロス・プーマスに勝ち上がってほしいかな。

|

« アルゼンチン 対 トンガ(C) | トップページ | 「電通は日本のメディアを支配しているのか」にかこつけて »

ラグビー(2015-)」カテゴリの記事

ラグビーワールドカップ 2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン 対 ナミビア(C):

« アルゼンチン 対 トンガ(C) | トップページ | 「電通は日本のメディアを支配しているのか」にかこつけて »