« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

憲法改正、あるいは『朝まで生テレビ !』

 あー観なければよかったといつも思う番組(とはいえこれまで数回しか観ていないけれど)。
 理由のひとつ、たぶん最大の理由は司会の田原総一朗その人だろうね。なぜ人の話を遮るのか。「老害」とはいうまい。この御仁は前からそうだった。ひとつには根本的に莫迦だから。もうひとつ、こちらの方がより重要と思うが、莫迦な一般大衆でしかない視聴者にはこの番組での議論は理解できまいと思い込んでいるから。そのような前提に立ち、敢えて初歩的な質問を次から次へと繰り出すことで結局議論の展開を阻害するというのは、番組の、引いては電波の私物化以外の何ものでもない。予備知識のない、すなわち啓蒙される必要のある「一般大衆」がこんな番組を見るわけないだろう。本当に苛々する。早く引退してくれないかな、この糞爺。
 田原氏くらゐの知名度がなければこの種の番組は主宰できないとでもテレビ朝日は考えているのだろうか。この日のパネリストに名を連ねた三浦瑠璃でもたとえば十分に務まるだろうよ。まあ、議論の質がどうしようもなく退屈なので司会を受けることはなさそうだけど。
 もっとも、三浦氏の各種分析にわたくしは十分に説得されたことは実はない。聡明なのはわかるが、その論理展開には何か誤魔化し、といって悪ければ偏向があるような気がする。突き詰めて分析したことはないけれど。
 それにしてもこの人は自身のエロティシズムに気づいているのだろうか。『ケイゾク』というドラマの主人公・柴田純のような無意識過剰な東大生など現実にはほとんど存在せず、東大女子は実際は人一倍自意識が強いもので、当然(というのはつまり見世物としてテレビに出ようかという人ゆゑ)、三浦氏も自分がどう映っているかには気づいているだろう(自意識の制禦を放棄したような東大男子・玉木雄一郎との対比が興味深かった)。エロといってもそれは、鼻が亀頭みたいな形をしているからではなく、衣装の胸元にスリットが入っているからということでもない。まずは言葉とのかかわり方に宿るある種の資質のことである。『マゾッホとサド』(知らない人は是非読んでくださいね!)のジル・ドゥルーズ風にいえばマゾ的な関わり方なのかもしれない(未確定)。
 念のために急いでいっておくと、この女性をどうにかしたいとかいうことでは全くなく、見世物としてのテレビにおける(自己)演出というテーマに沿った注目です。だってテレビにはそれしかないんだから。
 それから、権力とそのエロティシズムのかかわり。三浦氏はこの場では明らかに一種の権威を身にまといながら(つまりだからそういう演出なので)発言している。そ……

 とはいえ、この日のプログラムで一番重要なのは「憲法改正」の部分である。田村憲久は憲法の何たるかを根本的に理解していない、あるいはむしろ理解しようとしない下種野郎だが、この種の連中が自民党には掃いて捨てるほどいる。たとえば第一次安倍内閣で法務大臣を務めた長勢甚遠は「国民主権、基本的人権、平和主義、これをなくさなければ本当の自主憲法ではないんですよ」(2012年創生「日本」東京研修会)と述べたらしい。ありえない。こんなのパブリック・エネミー・ナンバーワンでしょう。東大法学部から旧労働省。こんな奴が法務大臣とはね――と書いたところで時間切れだー。三十分後に日本対スコットランド戦が始まる。

| | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

日本 対 スコットランド 其之一(六月のテストマッチ・シリーズ)

 日本 対 スコットランド 13-26 (トライ数 1-2)

 日本代表がウェールズ代表に初めて勝った試合から三年。あの時は一本目半、どころか下手すると二本目でしかないレッドドラゴンに対する勝利に歓喜の声をあげたのだが、現在のブレイブ・ブロッサムズが置かれた状況はその頃とはまるで違ったものになっている。

 要するに、昨秋の対スプリングボクス戦勝利の興奮冷めやらぬなか――そうですとも、わたくしは今だに涙と洟なしにあの試合を観ることができないんです――、悪くとも「善戦」(つまりは惜敗)、ということはすなわち実質的に「雪辱」の勝利を日本協会代表チームは期待されていたからである。
 ただし、こうしたテスト・シリーズでは最終戦が本番ということに一応なっていて、だからこの日行われた第一戦は双方にとって半ば予備戦的な位置づけではあった。
 ワールドカップ準々決勝でワラビーズに惜敗し、また今春のシックスネーションズではフランスを十数年ぶりに破ったチームとほとんど変わらぬ「ガチ」のメンバーを組んでくれたスコットランド協会には本当に感謝しなくてはいけないけれど、対する日本チームはといえば、例の南ア戦のそれと比較すれば顔ぶれ・コンディションを合わせて三割から四割くらい力の落ちた条件で試合に臨むことになった――というよりむしろ、これまでの積み重ねが残されているかどうか判らない新チームと称すべきかもしれない。とするなら、敗れたとはいえこの点差(オールブラックス対スコットランドないしウェールズ戦を考えてみればよい)に収まったこと、また戦い方によってはあるいは勝利も不可能ではなかったことには素直に喜ばなくてはならないのだろう。

 ラグビーは野球などとは異なって本当の意味におけるチーム・スポーツだと思うがそれでもたいていの場合、選手個々の力量が点差に如実に映し出されてしまう残酷な面があることも否定できない。キャップ数がそれなりにあるメンバーについていくつか感想を記すなら、10番田村クンはゴール・キッカーとしては申し分ない出来でしたが、攻撃の起点としては「無難」以上とはいえなかった。9番や12番との連係、サイン・ムーブはそれこそチームとしての戦略そして戦術にかかわるものだから現段階では仕方ないとしても、もっと自分から仕掛けないと、12番の負担が多くなりすぎてしまうのではないか。
 その12番の立川クンは、10番として出場した三年前の対ウェールズ戦で既に厳しいマークを受けていたわけだが、この試合でもエイトのマフィとともにマークの主たる対象となっていた。それでも攻守にわたって立派なパフォーマンスを披露できるのだから大したものだ。ジャパンの12番がフィジカリティで互角に渡り合える日が来るとは、素直に感動しないわけにはいかない。われわれは少なくとも、パスは上手かったけど接触局面では必ず腰の引けていた平尾誠二とパスの巧さも身体の強さも中途半端なままキャップだけ無駄に増やした元木某のことは忘れてよいのではないだろうか。
 9番の内田クンはこの水準では厳しいなー。表情が無駄に偉そうという点は措くとしても、まずラックへの寄りが遅いよ。スクラムハーフの仕事はまず、ラックに誰より早く、可能ならばラックが形成されるより前に寄ることではなかったか? だというのにこの人は「余裕をこいて」挙句にボールを奪われているのだから。日和佐クンにもそういう傾向があってわたくしは全然評価できなかったのだが、ワールドカップではその悪しき癖が解消されていましたね。田中クンや茂野クンが出られないとすれば日和佐クンを選ぶべきでしょう。レフェリーが笛を吹く前にラックから強引に球を出してしまえばいいのに、一体何度奪われているんだという話です。内田選手はテンポもよくないね。わたくしは単純なスピード信仰をもってはいないけれど、テンポそしてタイミングはやはり重要だと思う。そして最後にやはり判断。対カナダ戦やこの試合で茂野クンの代わりに内田クンがトライの起点になれたかというと、残念ながら否といわざるをえません。他に人がいないのかな。

 この試合の個人的ハイライトは後半20分のスクラムでした。どう見てもスコットランド贔屓のレフェリー(NZ協会)の判断の誤りを実力で証明して見せたフロント・ロー、とりわけ一番の稲垣クンの頑張りには胸が熱くなりました。ボールがよく動くラグビーもよいけれど、双方一歩も引かぬ、ほとんど静止したかに見えるスクラムがえんえん続くのもわたくしは好きなのです。

| | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年12月 »